未熟学生エンジニアのブログ

プログラミング・Web開発をする大学院生のブログ

Vtuberユニット「ちゅこらら」について調べたこと

今回のブログはですます調とだである調が混じっているかもしれません。

イラストレーターparyiさんの配信を見た

なんとなくツイートを見て配信を見た。

初めて男性であることを知った。

深夜の配信を見た。Vtuberとのコラボ配信だった。

Vtuber配信終わるところで「いかないで」とかコメントあるの面白すぎる。

この「いかないで」は考えさせられるものがあった。

永久にこの頭を馬鹿にしていい時間が続けばいいのに。そういったことを考えているのではないか。

ちゅこららのメンバー

全部で6人いる。もともと7人(当時は5人?)いたらしいが、一人引退してしまったとのこと。このあたりは個人Vtuberとしての柔軟さがあるように思える。

古守ちゆ

吸血鬼で1200歳のロリVtuber。のじゃロリではない。個性としては一番ないのかもしれない。が個人的にはあまり他Vtuberを知らないので問題はなかった。

www.youtube.com

この子守ちゆはリスナーのことを「お肉」と呼ぶ。人間をやめて「お肉」になってしまいたいと思った。

Twitterでお肉を「お肉監視リスト」なるリストに入れている。これは他のVtuberもしてるんだろうか。入れてほしい。

千鈴めい

弾き語り動画やゲーム実況を上げているのが「千鈴めい」。猫又という妖怪?らしい。古守ちゆの元飼い猫らしい。個人的には声が好み。

弾き語りというジャンルは多分Vtuberでもやってる人少ないんじゃないだろうか。もはや現実とだいぶ近くなってる。こうやって個性を出していくのかな。 もはやVtuberは単なる一個性でしかない時代なんだなあと思う。

声がバンドやってそうな人の声。若干のハスキーボイスっていうんだろうか。すごくそれっぽい感じがする。

https://m.youtube.com/watch?v=1jcPGOvoSvQ&t=3150s

こっちのコラボ配信では、1時間ゲーム配信?の設定で配信時間が遅れて、その謝罪として即興で「詫びオーレ」(「カフェオーレが、飲みたいの♫」の替え歌)を弾き語りするという、色々面白いし実力派なところを見せつけている。笑

https://youtu.be/nBYGstafPis

1:10:00 付近

アンコール的な演出。

当然めちゃくちゃうまいとかそういうのではないけど(失礼だけど)、生配信という形にすごくあってるし、「(セルフ)アンコール」的な演出にちょっと痺れた。

1:48:30~

www.youtube.com

暁ちあき

サキュバスで警察勤務のお姉さん。ささやきボイスで、声の個性が一番ある。話のテンポがかなりゆったり。話が割と途切れるから、寝る時に聞くのがおすすめ。

好き勝手やってる他のちゅこららメンバーと違って、割と演技力が求められそう(地声がこれなのかな?)。でもコラボ配信ではキャラ的にあんまり喋らなくて、楽そう。笑

www.youtube.com

真白かのん

パチンカス系清楚Vtuber。12歳のエルフ。たまにたばこを吸っているような息使いもするwが、さすがにネタである・・?

www.youtube.com

他のちゅこららの配信者よりもリアルに近い話題が多いような気がして、友達と話しているような感覚になれるVtuber

「台パン」(パチンコの台をイライラしたときたたくこと)というワードが出てくるVtuberは珍しい・・よね。個人Vtuberだからこそなせる業?

他にも2人いる。全部で6人

ここでは全員は語りません。他にも2人いて、「乙女おと」っていう「5000兆円集金業者」がいる。面白いんだけど割と王道感がある他キャラと違い個性のだし方が個人的に少し滑ってるような・・でも話題性は一番あるし更新頻度も多いので頑張って欲しい。

www.youtube.com

追記:「緋赤エリオ」は、女騎士団長。あまりよくしらないが謙虚な姿勢がみられる感じがよい。

bilibiliへの投稿システムや配信体系が気になった

海外人気のあるイラストレータをママにしてキャラクターを作ることで海外人気の高いVtuberを作ろうっていう作戦なのか。後発組からすると楽なのかも。

bilibiliにも動画が上がっている

疑問: bilibili用に翻訳するシステムが気になるな やっぱり企業が絡んでるのか、単に個人で頼んでるのか、はたまたGoogle翻訳なのか

https://www.bilibili.com/video/av49522875

これに対しての答えとして、同じ「ちゅこらら」のVtuber乙女おとの動画では、企業がらみではなく個人Vtuberであると明言されている

https://youtu.be/AiIkKSrZ_e8

bilibili動画の収益は15%が翻訳者(翻訳だけではないと思うが)に渡されているらしい。15%というのが多いのか少ないのかは分からない。

ゲーム配信が多い

他のVtuberのことはあんまりわからないが、ゲーム配信が結構ある。グループVtuberだからやりやすいっていうことっぽい。

Vtuberと一緒にゲーム。これはしてみたい!とひさしぶりにやりたいことを見つけた感覚になった。

当然現実の女の子とリアルでゲームしたほうが楽しいだろうが声をかけるにも相手がいないしいたところでかわいいと思えるかという問題もある。それに現実は面倒ごとが多すぎる。

単純に楽しい。それで恐らく終わりな関係というのは最高だろうなと想像した。

注釈

Vtuber界で猫又ってジャンル流行ってるから(猫宮ひなた、ねこます等)のか、と思ったら、ちゅこらら自体が人外というか妖怪ユニットという設定、いや事実があるらしいから