未熟学生エンジニアのブログ

プログラミング・Web開発をする大学院生のブログ

個人開発サービス「ホクマ」のコンセプトを再考する

「ホクマ」とは

2018年10月にリリースした、北大生限定のフリマサービスです。(でした)

http://swiftfe0.hatenablog.com/entry/2018/10/06/094817

  • 商品の出品
  • 購入
  • チャット
  • 商品・金銭の受け渡しはあって直接

元々のコンセプト

リリース当時は以下のコンセプトを念頭において作っていました。

  • 北大生限定のサービス
    • 他のフリマサービスよりも安心して利用できると考えている(同じ大学の学生との取引なので、相手の素性が分かっている)
    • 北大生限定という「北大愛」を持って利用してもらえる
  • フリマサービス
    • 大学生の要らなくなった教科書をより多くのお金に換えられる
      • 教科書などは使わなくなるが、古本屋などで売ると大したお金にならない
      • フリマサービスで売った方が高く売れる
    • お金のない学生は安く教科書などを買える

数ヶ月経った後の変化

運用を続ける上で考えの変化や気づきもありました。

  • 「会って渡す」ことによる出会いが何かを生むのではないか
    • 実際に開発者の自分も利用することで良い出会いがあった
    • せっかく北大生限定のサービスとしてユーザを集めたので、他にも「出会い」を中心としたローカルサービスとして発展させられないか(「ジモティー」の成功例もある)
      • 元々、フリマサービスだけでは売るもの・買うものがなくなった人は利用しなくなってしまうことが多い
        • 特に教科書を買うシーズン以外は使われないのではないか
        • 「出会い」は、買い物よりも希少性が高く、このサイトを使う価値となるのではないか
        • 「出会い」は定期的に欲しくなるものではないか
          • 新しい趣味の友達がほしい(趣味が変わる、増える度に欲しくなる)
          • 何度か段階的にチームに人数を増やしたい
          • 面白い人がいたら会いたくなる

今後の「ホクマ」のコンセプト

そんなことを考えた結果、

「ホクマ」を「北大生のためのフリマサービス」から、「北大生が欲しいものを手に入れられるサービス」へと発展させていこうと考えています。

今後は

  • フリマ
  • 仲間の募集

この二つを軸にした機能を展開し、「モノ」「お金」のやりとりだけでなく、「仲間」を見つける手助けをしていきたいと考えています。 北大生同士なので、「身近な出会い」も魅力として推していきたいです。

もちろん、僕自身も「ホクマ」を通じて色々なチャンスを掴んでいけたらと考えています。笑